BrainHumanityスタッフ募集ブログ

NPO法人BrainHumanityのスタッフ・ボランティア募集担当のブログです!

困難なこどもたちを支えるスタッフを募集!!!

f:id:brainhumanity:20190215214902j:plain


「限られた子どもたちからすべての子どもたちへ」

これがブレーンヒューマニティーが掲げているビジョンです。

不登校、ひきこもり、いじめ、発達障がい、非行、孤食・欠食など
子どもたちを巡る課題は今、多様化してきています。

その背景には経済格差、家庭内の状況、学校における人間関係など
様々な要因が複雑に絡み合っており、
単一の要因、原因によるものではありません。

ブレーンヒューマニティーでは、
そんな困難を抱える子どもたちに対して、
学習支援居場所支援という形で
子どもたちの力になりたいと考えています。


kk_setumeikai2


【私たちが出会う子どもたち】

f:id:brainhumanity:20190216131030j:plain


【支援内容について】
私たちはすべての子どもたちに多様な機会を提供するために、子どもたちに合わせて様々な支援を実施しています。

f:id:brainhumanity:20190216141054j:plain

○こんな学生にオススメ!
・「子どもたちのきっかけを作りたい」
・「日本の教育に向き合ってみたい」
・「自分に何ができるか分からないが挑戦してみたい」
・「大学生活の中で仲間と一緒に何か真剣に取り組みたい」


ブレーンヒューマニティーの支援では様々な経験を体感することができます。

Ⅰ.日本の教育課題を最前線で関わる
子どもの貧困、不登校、発達障がいなど、子どもたちの課題に真正面から向き合ってもらいます。うまくいくこと、うまくいかないこともたくさん経験しながら、少しずつ子どもたちの心をサポートできる支援スタッフになってもらいます。
子どもと接したことがない大学生でも、教員や社会福祉士など資格を持った大人からのサポートや研修があるので、大丈夫です。子どもたちの気持ちを理解し、基礎学力の向上につながる実践的な支援経験を積むことができます。

f:id:brainhumanity:20180620125102j:plainf:id:brainhumanity:20160801092649j:plain


Ⅱ.仲間と夢中になって取り組める
"大学に入ったけどやりたいことが見つからない"
よく大学生が話をする内容です。大学に入っただけで、やりたいことが与えられるわけではありません。サークル活動やアルバイトに没頭するのも悪くはありません。ただ、たった4年間だからこそ、誰かのために本気になれることに挑戦してみてはいかがでしょうか。ブレーンヒューマニティーの活動のほとんどは大学生が主体となって行われています。仲間と夢中になって挑戦できる環境があります。

f:id:brainhumanity:20180630141140j:plainf:id:brainhumanity:20180528125129j:plain


Ⅲ.社会で活かせる力
子どもたちに単に学習を教えるだけではなく、「どうすればもっとわかりやすくなるのか」を仲間とともに追求することで、社会人に必要と言われている「問題解決力」「継続的な学習力」「主体性」「チームワーク力」の4つの力を高めることができます。ブレーンヒューマニティーの活動を卒業した後、多くの学生が教員だけではなく、各分野で活躍しています。
<卒業生の主な進路先>
地方公務員(教員・社会福祉士等)/株式会社三井住友銀行/株式会社キーエンス/株式会社公文教育研究会/ヤフー株式会社/アクセンチュア株式会社/株式会社リクルート/株式会社ワークスアプリケーションズ/株式会社星野リゾート/阪急阪神ホールディングス株式会社/セキスイハイム近畿株式会社

f:id:brainhumanity:20160501144602j:plainf:id:brainhumanity:20180630141746j:plain


【参加までの流れ】
f:id:brainhumanity:20190217112241j:plain


「もっと子どもと、ずっと近くに」
ブレーンヒューマニティーは、大学生と一緒に
これからも子どもたちに寄り添い続けたいと考えています。

kk_setumeikai2